読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役医師によるアンチエイジング探求

現役医師がアンチエイジングの方法について医学的に考えてみた。

Hello!Anti-Aging

現役医師によるアンチエイジングの医学的考察

【必見】腸活!体の中から始めるアンチエイジング【現役医師が考える】

f:id:anti-age:20161001233448j:plain

腸活とは腸内環境を整えてアンチエイジングを志すことです。

 

体の中は想像以上に複雑です。様々なホルモンや、機能がバランスを保っており少しでもバランスが崩れるとたちまち体調に異変をきたします。

 

今回は、体のエキスパートである現役医師が腸内環境の改善方法とその効果についてわかりやすくお伝えいたします!

 

 

腸と食べ物の関係~腸の場所によって吸収される栄養素

 

腸とは広い意味でいうと食べ物のとおり道全般のことです。つまり口から肛門までのことです。食事中の方はすいません、、(笑)

 

食べ物はこの通り道を通る過程で徐々に分解され、体に吸収され、最終的に便となります。

 

ですが、場所によって分解できる食べ物の種類や吸収できる栄養素がことなります。

 

結論から言うと、腸の中でも胃、小腸、大腸という吸収に必要不可欠な部位は腸活において特に重要です。

 

栄養素をきちんと吸収できないとせっかく口から取り入れた上質な栄養素も体に吸収されずに肛門まで一直線に通り過ぎてしまう可能性があります、、、

なので効率よく栄養素を吸収するためにも腸内環境はかなり重要です。

 

 

腸内環境の整え方

 

腸内環境を整えると一言でいうのは簡単ですが、具体的にはどうしたらよいでしょうか?

ヨーグルトを取る?食物繊維を取る?

医学的に言えば全部正解であり、全部間違いであります。

 

なぜかって?そもそも腸内環境は善玉菌と悪玉菌が常に一定のバランスで生息しています。そのバランスが崩れると腸の壁にストレスがかかり、腸内環境が悪化します。

でも善玉菌と悪玉菌のバランスは本来なら過度なストレスがない限り体の機能で勝手に調整されているものなのです。

それが、例えば油物の摂取のし過ぎや喫煙など菌のバランスを崩すようなストレスがかかった時悪玉菌が優勢となり腸内のバランスが崩れます。

なので、無理に善玉菌を含有しているヨーグルトを摂取する必要はないかもしれませんが、腸にストレスのかかる生活は避けるべきです!

 

でも、忙しい現代人はそうはいっても付き合いでついつい腸内環境に悪い生活を送っちゃうこともありますよね。

 

そんな時は食物繊維の多いものを取るようにしましょう。

食物繊維は体には吸収されません。ですが、腸内を通る過程で体の掃除を行い腸内環境のリセットを行います。

なので普段の食生活から食物繊維を多く含んだ食べ物を摂取するよう心がけてみてください。

 

 

腸活から始まるアンチエイジングの効果

 

では腸活がアンチエイジングにどのような効果があるのでしょうか?

腸内環境が改善するとまずは、体に必要な栄養素を効率よく摂取できるようになります。

つまり、少量の食事でも生活に十分な栄養素を確保できるようになります。

小食は老化の予防や肌の老化予防に効果があるという研究結果も出ておりアンチエイジングに効果的です。

 

また、腸って実は肌と密接なつながりがあります。

腸の中って医学的には体の中ではなく肌と一続きになった体の外というあつかいなんですよね。

なので、腸の調子は肌に直接反映されます。

よく、腸内の調子が悪いとニキビがでるっていいますよね?まさに腸の調子を肌が反映した結果だと思います

 

  

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

腸活の基本の考え方についてまとめさせていただきました。

腸活をすることで体の調子がよくなり、気持ちの面でも明るくなること間違いなしです!

ぜひ、この記事で得た知識を参考にしてよりよい腸活ライフをエンジョイいただければ幸いです。